投稿規定

 
投稿資格

報文の投稿者(筆頭著者あるいは連絡者)は日本甲殻類学会会員(正会員,名誉会員,外国会員および学生会員)に限るが,会員外の共著者を含むことは差し支えない.なお,編集委員会が依頼した場合にはその限りではない.

 

原稿の種類

甲殻類に関する総説,原著論文,原著短報,学会のシンポジウム報告などの特集記事のほか,目録,解説,採集,趣味などの報告・話題,書評,および会員への連絡や案内,紹介,学会記事などとする.投稿論文の内容はほかの刊行物に発表されていないものに限る.

原著論文はそれ自身独立して価値のある結論,事実を含むものとする。

原著短報は原著論文としてはまとめ得ないが,方法や結果などに価値のある新知見を含むもので,原則として刷り上がり4ページ以内とする.報告・話題は原則として刷り上がり 6ページ以内とする(1ページあたり1900字程度,図表は1段の場合500字程度,2段の場合1,200字程度 として計算).

原稿は和文とし,総説,原著論文,原著短報,シンポジウム報告などの特集記事,報告,話題では,和文と英文のタイトルをつけ,著者名は英文を併記する.総説,原著論文,原著短報は原稿1ページ目に「総説」,「原著論文」,「原著短報」と朱書きし,英文の要旨(Abstract,200語以内)とKey Words(6語以内)をつける.その他の報文では,英文要旨(+Key Words)はつけない.英文については,それを母国語とする専門家の校閲を原稿送付以前に必ず受けることとする.

 

原稿の送付

E-mail の添付ファイルで下記アドレスに送信する.この場合,紙媒体による原稿送付は不要である.ただし,受理された原稿において,印刷物の提出を求めることがある.

本文,図の説明および表はワードプロセッサ(Microsoft Wordが望ましい)を用いて作成し,Word文書もしくはリッチテキスト形式で添付する.図は十分な解像度のpdfファイルとする.電子ファイルの容量は20 MBを超えないようにする.E-mailによる投稿ができない場合,図表を含む原稿を保存した電子媒体(CD-Rなど),あるいは図表を含む原稿のコピー2部(A4サイズ)を下記アドレスに郵送する.その場合,原図の提出は受理後でよい.不明な点は編集委員会に問い合わせること.

 

  〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町459 

  京都大学フィールド科学教育研究センター

  瀬戸臨海実験所

  日本甲殻類学会CANCER編集委員会 下村通誉

  E-mail: thermosbaena(at)yahoo.co.jp

 

原稿校閲

原著論文は原稿の査読を校閲の適任者に編集委員会から依頼する.すべての原稿において,編集委員会が原稿を修正することがある.

 

原稿の受理

投稿された原稿の採否は編集委員会の決定による.

 

電子ファイルの提出

著者は,原稿の受理決定後に編集委員会から求められた場合,電子ファイル(ファイル形式などについては原稿の送付および下記の原稿の書き方を参照)を編集委員会に提出する.

 

校正

編集委員会が校正を必要と認めた報文等は著者が初校のみ校正を行なう.校正は最小限に止め,初校は速やかに返送すること.

 

原稿返却

原図や写真は原則として返却しないが,返却を希望する場合は返送用切手(書留料金とする)と送り先を記入した封筒を同封すること.

 

印刷費

アート紙や多色刷りの経費は著者負担とする.

 

別 刷

別刷は50部単位とし,著者負担とする.

 

原稿の作成法のページへ

 

© 2014 All rights reserved.Designed by A Asakura + Webnode

無料でホームページを作成しようWebnode